ベルガモットミント

別名で「オレンジミント」「オーデコロンミント」と呼ばれています。
禁忌もなく使用しやすい精油です。ミントと柑橘系の香りを合わせたような、スッキリとした香りです。

基本情報

  • 学名・・・Mentha × citrata
  • 科名・・・シソ科
  • 主な産地・・・フランス、インド
  • 抽出方法・・・水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・全草(根以外)
  • 注意事項・・・使用方法を守れば禁忌はありません。
  • 香りの分類・・・ハーブ系
  • 香りのノート・・・トップノート
  • ブレンドファクター(BF)・・・不明

ベルガモットミント精油の主な成分と作用

【主な成分】リナロールや酢酸リナリルが多く含まれています。

モノテルペンアルコール類: d-リナロール(35~45%)、α-テルピネオール、ℓ-メントール

エステル類: 酢酸リナリル(30~45%)、酢酸ゲラニル、酢酸ネリル

モノテルペン炭化水素類: β-ミルセン

セスキテルペン炭化水素類: β-カリオフィレン

【主な作用】

強壮、肝臓強壮、消化促進、鎮痙攣、抗炎症、神経バランス維持、精神安定、精神強化、精神高揚、催淫

ベルガモットミント精油の効能

身体への作用

消化促進に働きかけます。神経のバランスを維持するといわれています。

皮膚への作用

ニキビなどの皮膚の炎症に働きかけます。

精神への作用

不安感や緊張感の緩和に役立ちます。精神を落ち着かせます。リラックス作用があります。

おすすめブレンド

ハーブ系や柑橘系の精油との相性がいいです。

ベルガモットミントの主な使い方

芳香浴に適しています。

まとめ

通常のミントと比較すると、リナロールと酢酸リナリルの含有量が多いのが特徴です。鎮静作用が強いためリラックス効果が期待できます。受け入れやすい香りで禁忌もないため、持っていたい精油のひとつですね♪

ベルガモットミント精油はこちらから

おすすめの記事