ジュニパーというと、一般的に「ジュニパーベリー」を示すことが多いようです。
古代エジプトの医学書では、薬としての処方が書き残されていて、万能薬として使用されていました。
英語の「ジュニパー」はラテン語で「若い果実」をあらわしています。
ジュニパーは他にも種類があるため、使用時は学名を確認しましょう。

ジュニパーベリー

ヒノキ科の常緑樹で、日本ではセイヨウネズと呼ばれています。果実から精油が採られます。サイプレスやヒノキと共通する成分をもちます。
古くから洋酒のジンの香りづけとして使用されています。

基本情報

  • 学名・・・Juniperus communis
  • 科名・・ヒノキ科
  • 主な産地・・・イタリア、フランス、オーストリア
  • 抽出方法・・・水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・実付き小枝(果実)
  • 注意事項・・・妊娠中、授乳中は避けましょう。腎臓疾患の方も避けてください。皮膚刺激があるため、濃度に注意しましょう。
  • 香りの分類・・・樹木系
  • 香りのノート・・・トップ~ミドルノート
  • ブレンドファクター(BF)・・・4
  • 五行・・・水、金
  • 支配星・・・木星、太陽
  • 星座・・・獅子座、射手座
  • チャクラ・・・第3(ソーラープレクサス)、第5(スロート)

ジュニパーベリー精油の主な成分と作用

【主な成分】モノテルペン炭化水素類が主成分になります。

モノテルペン炭化水素類: αーピネン(30~45%)、
サビネン(10~25%)、α-ツジェン、α-テルピネン、γ-テルピネン、テルピノレン、p-サイメン、β-ピネン、β-フェランドレン、β-ミルセン、リモネン

モノテルペンアルコール類: テルピネン‐4‐オール(2~10%)

セスキテルペン炭化水素類: βーカリオフィレン、α-フムレン

【主な作用】

鎮痛、鎮痙攣、消化促進、抗炎症、抗感染、利尿、うっ滞除去、自律神経調整、精神安定、精神強化、精神高揚

ジュニパーベリー精油の効能

身体への作用

むくみの改善に働きかけます。老廃物の排出を促します。利尿作用があり、泌尿器系に作用しますが、腎臓に負担がかかるため注意が必要です。

皮膚への作用

脂性肌やニキビケアに適しています。

精神への作用

精神疲労や、やる気を高めたいときに役立つとされています。

おすすめブレンド

樹木系やハーブ系の精油、柑橘系の精油との相性がいいです。

レモンなど柑橘系の精油とのブレンドは、前向きな気持ちになれます。

ジュニパーベリーの主な使い方

芳香浴やボディトリートメント、頭皮ケアに適しています。

ジュニパーベリー精油 おすすめの使い方のレシピはこちらから
⇒ https://aroma-mary.com/seiyu-juniper-berry-recipe

ジュニパーモンタナ

ジュニパーモンタナは、ジュニパーベリーと主要成分が似ているため、同じように使用できます。ジュニパーベリーより、ウッディ調の香りのため、芳香浴をすると森林浴の気分が楽しめます。

基本情報

  • 学名・・・Juniperus communis var. montana
  • 科名・・・ヒノキ科
  • 主な産地・・・フランス
  • 抽出方法・・・水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・実付き小枝
  • 注意事項・・・妊娠中、授乳中は避けましょう。腎臓疾患の方も避けてください。皮膚刺激があるため、濃度に注意しましょう。
  • 香りの分類・・・樹木系
  • 香りのノート・・・トップ~ミドルノート
  • ブレンドファクター(BF)・・・4
  • 五行・・・水、金
  • 支配星・・・木星、太陽
  • 星座・・・獅子座、射手座
  • チャクラ・・・第3(ソーラープレクサス)、第5(スロート)

ジュニパーモンタナ精油の主な成分と作用

【主な成分】リモネンが多く含まれています。

モノテルペン炭化水素類: リモネン(20~45%)、β-フェランドレン(10~25%)、α-ピネン(5~20%)、サビネン、テルピノレン、p-サイメン・β-ピネン、α-フェランドレン、β-ミルセン

エスエル類: 酢酸テルピニル(5~15%)

セスキテルペン炭化水素類: δ-カジネン

モノテルペンアルコール類: α-テルピネオール、テルピネン-4-オール

【主な作用】

鎮痛、鎮痙攣、自律神経調整、抗炎症、抗菌、精神安定、精神強化

ジュニパーモンタナ精油の効能

身体への作用

むくみの改善に働きかけます。利尿作用があり、泌尿器系にも働きかけます。

皮膚への作用

脂性肌やニキビに働きかけます。

精神への作用

不安感や緊張感の緩和に働きかけます。森林のような香りで、リフレッシュ効果が期待できます。

おすすめブレンド

樹木系やハーブ系の精油、柑橘系の精油との相性がいいです。

ジュニパーモンタナの主な使い方

芳香浴やボディトリートメントに適しています。

まとめ

「タイム精油」や「ジンジャー精油」のように「ジュニパー精油」も体を温め、刺激する作用をもっています。
またジュニパーは、精油の中でもデトックス作用が高い精油になります。体内の循環が良くなり、腎臓に負担がかかるため、体調に不安のある方は、医師に相談しましょう。

おすすめの記事