管理人が読んでおすすめの本を紹介しています。
『これ1冊できちんとわかる アロマテラピー』
(著:梅原亜也子 <生活の木> / マイナビ出版)

本書は、精油を使用してアロマテラピーを実践したい方や、アロマテラピー検定を受験する予定の人に、おすすめしたい本です。

著者の梅原亜矢子さんは、生活の木 バーバルライフカレッジで講師も担当されています。他にも『 「生活の木」の手作り石けんの基本 』などを出版されています。

アロマクラフトについて

本書は・・・

自分でスキンケアの化粧品や石けん、アロマキャンドルなどを作るのは難しいと思っている人も多いと思いますが、実際に作ってみると案外簡単なものです。

『これ1冊できちんとわかる アロマテラピー』 より引用

と、書かれています。
アロマクラフトを作るときに、必要な道具やアロマクラフトの作り方が、写真入りで分かりやすく書かれています。

定番のバスソルトや石けん、化粧水や乳液、クレンジング、アロマキャンドルなどなど・・・

なんと19種類のアロマクラフトの作り方が載っています。

どれも分かりやすく書かれていますが、個人的には、アロマキャンドルの作り方がとても参考になりました。

本書は、6編にわたり、アロマテラピーの基本を紹介しています。

アロマテラピーの基礎知識から、セルフケアの方法、アロマトリートメントの方法、、アロマクラフト、精油ガイド(精油のプロフィール)など・・・。

本書の全体的な配色が、パステルカラーで目に優しい色になっています。
「きれいな本だなあ」と印象でした。

アロマトリートメントについて

本書には・・・

キャリアオイルに精油を加えて行うトリートメントは、香りを楽しめるだけではなく、精油の成分が肌に浸透してさまざまな効果をもたらします。

『これ1冊できちんとわかる アロマテラピー』 より引用

と、書かれています。

セルフトリートメントや他者へのトリートメントの方法が載っています。

絵ではなく人物(モデルさん)の写真で、トリートメントのやり方を説明しているため、とても分かりやすいです。

特に、セルフトリートメントが充実している印象です。

頭部や顔、肩や首、腹部、腕や手指、太ももやふくらはぎなど、幅広く紹介しています。

個人的には頭部のトリートメントが、お手軽で気持ちいいです♪

精油ガイドについて

精油ガイド(精油のプロフィール)はどのアロマテラピーの本にも載っている項目です。

本書では、66種類の精油を紹介しています。
うち60種類については、精油の特徴や、基本情報、主な成分、心・体・肌への作用、香りの特徴、注意事項などの情報が載っています。

特に、精油の主な成分が、円グラフで示されているため、視覚的に分かりやすくなっています。

まとめ

本書はアロマクラフトやアロマトリートメントなど、アロマテラピーを実践するのに役立つ本だと思いました。ハーブについても少し記載があります。

ぜひ本書でアロマテラピーを実践してみてください。

それでは、アロマ生活を楽しみましょう♪

『これ1冊できちんとわかる アロマテラピー』 はこちらから

おすすめの記事