ディル

別名で「イノンド」と呼ばれています。草丈40~80cm程になるセリ科の一、二年草です。古代エジプト時代から使用されているハーブで、医学書にその名が記載されていました。

基本情報

  • 学名・・・Anethum graveolens
  • 科名・・・セリ科
  • 主な産地・・・フランス、ハンガリー、ウクライナ
  • 抽出方法・・・水蒸気蒸留法
  • 抽出部位・・・種子
  • 注意事項・・・妊娠中、授乳中、乳幼児、高齢者、てんかん患者には使用しないでください。
  • 香りの分類・・・ハーブ系
  • 香りのノート・・・トップノート
  • ブレンドファクター(BF)・・・2

ディル精油の主な成分と作用

【主な成分】-カルボンとリモネンが多く含まれています。

ケトン類: -カルボン(35~55%)

モノテルペン炭化水素類: リモネン(35~50%)、α-フェランドレン

【主な作用】

抗カタル、消化促進、健胃、粘液溶解、胆汁分泌促進、胆汁排出促進、抗ウイルス、精神安定、精神強化、精神高揚

ディル精油の効能

身体への作用

消化促進や胃痛など、消化器系の不調に役立ちます。呼吸器系に働きかけます。

皮膚への作用

創傷の治りを促すといわれています。

精神への作用

不安感や緊張感を緩和し、心を落ち着かせる作用があります。

おすすめブレンド

ハーブ系やスパイス系の精油との相性がいいです。

ディルの主な使い方

芳香浴、吸入、ボディトリートメントに適しています。

まとめ

ディルは、あまり名前が知られていないかもしれませんが、ピクルスを作るときに使われています。ハンバーガーに入っているピクルスにも使用されているそうですよ~。

おすすめの記事