エルダーフラワー【ハーブティー】

エルダーフラワーは歴史的なハーブで、ヨーロッパでは「田舎の薬箱」と呼ばれていました。

エルダーフラワーティーの主な作用

抗アレルギー、抗炎症、抗ウイルス、発汗、去痰、利尿

エルダーフラワーティーの効能

風邪やインフルエンザの初期症状や、花粉症の症状に働きかけます。

エルダーフラワーティーの注意事項

花と熟した果実以外は使用しないてください。未熟果実の種子に含まれる物質の過剰摂取が、健康被害につながる可能性があるため。

エルダーフラワーティーはこちらから

ネトル【ハーブティー】

ネトルは古くから、浄血や造血の目的で利用されてきました。鉄分やビタミンCなどがバランスよく含まれるため、体質改善に良いとされています。

ネトルティーの主な作用

血液浄化、造血、利尿、抗アレルギー

ネトルティーの効能

血液の浄化や造血に働きかけ、体質改善や貧血の予防に働きかけます。花粉症などのアレルギー症状を緩和させる働きをします。

ネトルティーの注意事項

妊娠中や乳幼児の使用は避けましょう。葉や茎にトゲがあるため、生では食べないでください。

ネトルティーはこちらから

ルイボス【ハーブティ】

ルイボスは、生息する地域が限られています。南アフリカのセダルバーク山脈のみに生息する常緑灌木です。ルイボスの名前は、「茶の色が赤い」ことに由来しています。抗酸化物質が多く含まれてるため、「不老長寿のお茶」と呼ばれています。

ルイボスティーの主な作用

抗酸化、代謝促進

ルイボスティーの効能

花粉症を含むアレルギー症状の緩和に作用します。働きかけます。代謝を促進し、冷え症の改善に働きかけます。

ルイボスティーはこちらから

まとめ

花粉症対策におすすめのハーブティーを紹介しました。
「どのようにハーブティーを入れて飲んだらいいのか」という疑問がわく方もいますよね。
ハーブティーには様々な入れ方があります。ハーブを抽出して、入れる過程を楽しむ飲み方や、ティーパックなどで手軽に飲む方法もあります。
状況に合わせて入れ方を選んで、ハーブティーを飲む機会を増やしてみてください。

ハーブティーの入れ方・飲み方はこちらから
⇒ https://aroma-mary.com/simple-herbs-tea/

おすすめの記事